Producers and Products

パナマのコーヒー農園と商品のご案内

私たちだからできること

私たちはつねに農園、サプライヤーと一体です。
作り手がセレクトし、納得のいくロットを皆さまにお届けしています。

 
ラ・ウエリア

ラ・ウエリア

La Huella

パナマ チリキ県 ボケテ 標高 1,450m

農園主ペドロ・モスが自ら造園した精製場のアフリカンベッドにコーヒーチェリーを寝かせ、昼夜問わずプロセスを手掛けています。
また自然環境への配慮から、大量の水を使わずに済むよう、独自の発酵技術を研究し活用しています。とくにハニープロセスにおけるこだわりと出来栄えは、周囲に「世界一」といわれるほどです。
Huellaはスペイン語で「指紋」の意味。文字を使用しないインディヘナの収穫者たちとやり取りする際、サインではなく指印を使用することから、そのままブランドマークに採用しました。
一つひとつ熟練した収穫者の手で摘み取られ、最後まで人の手によって丁寧に仕上げられた、品質の保証でもあります。
そんな彼のこだわりは、2019年「食のオスカー賞」ともいわれる英国Great Taste Awardで、Golden Folk賞を受賞、つづく2020年も、5品種の焙煎豆が受賞するという快挙を遂げました。

​パナマの自然と人が生んだ、まったく新しいコーヒー体験をぜひ一度お試しください。

◆ラインナップ

□ Geisha, Natural, Anaerobic, Cañas Verdes New!

□ Catuai, Dorado Azul #7, Natural, Anaerobic New!

​□ Catuai,  Yellow Honey, Anaerobic New!

生豆のお問合わせは
こちらから

mi_finquita_logo_edited.jpg

​ハートマン

MI FINQUITA BY RATIBOR HARTMANN

パナマ チリキ県 ロス・ポソス ティエラス・アルタス


ハートマンはパナマ西部のレナシミエント地区サンタクララで、三世代にわたってコーヒーづくりを営んでいる家族農園です。"Growing coffee in harmony with the environment"「自然との調和のなかでコーヒーを育てる」創業当初から自然と土地を大切にし、環境との「調和」を第一に考えてコーヒーを育てる、という一貫した理念と情熱をもってコーヒーづくりを受け継いでいます。そんな彼らのプロジェクトをもとに区画された農園、Mi Finquita(ミ・フィンキータ)と、Guarumo(ガルモ)から、農園主ラティバーとテッシー・ハートマンが自らセレクトした最高品質のロットを独自に入荷、ご提供しています。2020年、ハートマン農園はベストオブパナマのゲイシャ部門で優勝、続く2021年もゲイシャ・ナチュラルが2位、ウォッシュトが3位と、いまやパナマで不動の品質を誇るブランドとなりました。

​□ Geisha, Mi Finquita, Washed  2021 New!

​□ Geisha, Mi Finquita, Natural 2021 New!

​□ Caturra, 89pt, 1,900m, Natural  2021 New!

​□ Typica, Natural 2021 New!

生豆のご注文は

こちらから

 
Mama_Cata.jpg

ガリード

Garrido's Coffee & Estates

パナマ チリキ県 ボケテ

ガリード・ファミリーは、20世紀前半からパナマ・ボケテ地区でコーヒー農園の経営をはじめ、現在所有する4つの農園のうち、「ママ・カタ(MAMA CATA)」は、標高1,500~1,750mに位置する50ヘクタールほどの農園で、カトゥーラ、カトゥアイ、ゲイシャ等様々な品種を栽培しています。2020年ベスト・オブ・パナマのトラディショナル部門で、「MAMA CATA MOKKITA」が91ptというトラディショナル品種では空前のハイスコアで優勝し、さらに2021年ベスト・オブ・パナマでも、同じMAMA CATA MOKKITAが92ptの「ダントツ」スコアで優勝、そのブランドと知名度を不動のものにしました。

​□ MAMA CATA Typica, Washed New!

​□ MAMA CATA Heirloom, Washed New!

生豆のご注文は

こちらから

 
FincaLosCenizos.JPG

​ロス・セニソス

Finca Los Cenizos

パナマ チリキ県 セロ・プンタ ティエラス・アルタス

セニソス農園はチリキ県ティエラス・アルタス地区、セロ・プンタにある家族経営のコーヒー農園です。周囲は、火山性土壌が育む多様な植物と、希少動物が多数生息し、さらに農園沿いには天然の水が湧き出て、樹齢100年のCenizos(アカザ)の豊かな森に覆われています。それほどに恵まれた土地で育つセニソス農園のコーヒーの木は、ずば抜けた生命力を蓄え、結果、最高の品質のチェリーが育まれます。海抜1,800メートルの高さでは、チェリーがゆっくり時間をかけて熟すため、とくに品質のよいゲイシャ種の生育に適し、専属のエキスパートたちの熟練した技術によって仕上げられるコーヒーは、世界トップクラスのコーヒープロフェッショナルから注目を集めています。
2021年ベスト・オブ・パナマにて、Geisha Natural部門で8位、Washed部門で7位、Catuai Washedが2位と、いずれも抜群の評価を獲得した注目の農園です。

​□ Geisha, ASD  Sold Out

生豆のお問合わせは
こちらから

 
LasBrumas_logo.JPG

​ブルマス農園

LAS BRUMAS PANAMÁ COFFEE FARM

パナマ チリキ県 レナシミエント サンタ・クララ

レナシミエント地区サンタ・クララの農園ラス・ブルマスは、自らコーヒーエキスパートでもあるセサル・アラウスが農園主を務め、この地域特有の気候と地理を活かした生産方法を常に追求しながら、この地域らしい香りのよい高品質のコーヒーを届けてくれています。これまで、ベスト・オブ・パナマで優勝、受賞歴をもつCaturra、Catuaiのトラディショナル品種は、独特のすぐれたアロマと、シトラス、チョコレートのようなフレーバーが特徴で、この農園の看板品種として、また親しみやすいパナマらしいコーヒーとして定評があります。

​□ Caturra + Catuai Blend 2021 New!

生豆のご注文は
こちらから

 
 
エスメラルダ農園

エスメラルダ農園

Hacienda La Esmeralda

パナマ チリキ県 ボケテ

「パナマゲイシャ」を初めて品評会に出品し、その名前を世界に知らしめた、日本でもおなじみのピーターソン・ファミリーが経営する農園です。ゲイシャには3つのブランドがあり、『プライベート・コレクション』はファミリーの所有する農園、ハラミージョ、キエル、カーニャス・ベルデスの、それぞれ標高1,600~1,800mの区画で育ったマイクロロットを厳選、ブレンドした高級グレードのゲイシャです。オークション・ロットである最上位ブランド『スペシャル』に次ぐグレードですが、完熟したチェリーの選別と、その精製プロセスは同様の工程で生産されています。

​□ Geisha, PRIVATE COLLECTION 2021, Washed, El Velo Lot

​□ Geisha, PRIVATE COLLECTION 2021, Washed, Cañas Verdes

Diamond Mountain 2021, Catuai, Washed S32 New!

生豆のご注文は

こちらから

 

エリダ・ラマスタス農園

Lamastus Family Estates

パナマ チリキ県 ボケテ

エリダ、エル・ブーロ、ルイート、3つの農園でゲイシャを生産するラマスタス農園。パナマ、ボケテ地区の中でも標高の高い土地に位置し、家族四世代、100年にわたって農園を営む、パナマ随一の品質と評価を誇る農園です。ゲイシャ・トーレと名付けられた、標高1,855 m付近の土地で栽培されるゲイシャの木は、背も高くとてもワイルド。北のカリブ海、南の太平洋から吹き付ける風と、強烈な太陽、そして火山性土壌の恵みをたっぷりと吸収し、8か月をかけて「バーガンディ・レッド」色まで完熟したチェリーのみが収穫されます。

エリダのゲイシャは2018年、BoPのゲイシャ・ナチュラルおよびウォッシュトの2部門で優勝し、オークションでは1ポンドあたり803ドルの高値を記録、さらに翌2019年、同じく2部門で連続優勝、1ポンドあたり1,029ドルという最高額で落札されました。

生豆のお問合わせは
こちらから

kotowa.JPG

コトワ農園

​Kotowa Coffee

パナマ チリキ県 ボケテ 標高1,650 -1,850 m

パナマのコーヒー界で、ひときわ伝統と存在感のあるブランド、コトワは、農園主リカルド・コイナーがボケテ地区に所有する、4つの農園でコーヒーチェリーを生産しています。20世紀の初め、アレクサンダー・ダンカン・マッキンタイアが、遥か遠いボケテの土地に魅了され、移り住んで以来、四世代にわたって伝統的なコーヒー栽培と製法を守りながら、最高級のコーヒーづくりを営んでいます。ボケテの美しい自然と人々の暮らしを守るために、これまで周囲に500本以上の果樹を植林したり、また、水の利用を抑制し、手つかずの森を保護するなど、環境への配慮にはとくに力を入れています。コトワの4つの農園、ダンカン(1,650-1,750m)、ドン K(1,700-1,750m)、リオ・クリスタル(1,700-1,850m)、トラディショナル(1,300-1,400m)のうち、ダンカン農園で生産されたコーヒーは、アメリカとヨーロッパで有機認証を取得しています。

2020年、Best of Panamaのトラディショナル部門で、ダンカンのカトゥーラが2位受賞。

□ Geisha, Las Brujas, Anaerobic

□ Geisha, Natural

□ Caturra Duncan, Lot# 15404, Fermentación Láctica New!

□ Caturra Duncan, Fermentación Natural New!

生豆のご注文は

こちらから

 
auromarlogo.JPG

​アウロマール

Auromar, S.A.

パナマ チリキ県 カンデラ 標高 1,570-1,770 m

日本でもおなじみのアウロマール・ゲイシャ。中でもウォッシュトは、2013年、Best of PanamaのGeisha Washed部門で優勝、"Auromar Geisha Ironman”の名とともに、農園を代表するフラッグシップとして世界中に知られています。熟練したプロフェッショナルによって見極められた完熟チェリーだけを収穫、その後の各プロセスでも厳しく選別、惜しみない手間をかけるアウロマール流のこだわりは、"Superior Geisha (最上級ゲイシャ)"にふさわしいアロマとフレーバーを放ちます。農園主ロベルト・ブレネス氏が自信をもっておススメする、2020年ニュークロップのロットをお届けします。

 
Bernardina_logo.jpg

ベルナルディナ農園

Finca Bernardina

パナマ チリキ県 レナシミエント サンタ・クララ

標高 1,400 -1,580m

レナシミエント地区、アミスタード国立公園内、サンタ・クララにある農園は、山々に囲まれ、天然の樹木と多様な動物たちが生息する地域に位置しています。土地の4分の一は手つかずの原生林が保存され、わずか2ヘクタールの土地に、果樹やその他の木々と一緒に、カトゥーラ、カトゥアイ、マラゴジッペなどのコーヒーノキが栽培されています。人の手によって土壌を管理し、自然樹の「日陰」を利用して、ゆっくりと丁寧に育ったチェリーの一つ一つは、芳醇なフレーバーとアロマを放ちます。
「ベルナルディナ」は、1960年代にこの土地でコーヒー栽培を始めた、現農園主フェリックス・アギラルの祖母の名前で、三代にわたってコーヒーづくりが引き継がれています。コーヒーを生産するだけではなく、周囲の原生林を維持するために、動植物の保護にも力を入れ、同時に、生活に欠かせない水資源を確保することにも貢献しています。

 
DonBenjieLogo_edited_edited.jpg

ドン・ベンジー農園

Café Don Benjie

パナマ チリキ県 ボケテ 標高1,400m

バルー火山の麓、バホ・モノ渓谷沿いに位置する農園は、豊かな火山性土壌と澄み切った水、そして「バハレケ」と呼ばれるこの地方特有の霧(ミスト)がもたらす理想的な気象条件に恵まれています。ステファン・ミュラー氏が農園主をつとめる、100年の歴史を持つこの農園では、エコ・ミルという独自のプロセスよって水の使用を最小限度に抑えるなど、自然環境に配慮しながらも、常に最高品質を目指したコーヒー作りをしています。

2020年、Best of Panamaのトラディショナル部門で、マラゴジッペ・ナチュラルが3位受賞。

​□ Geisha, Natural, Carbonic Maceration

Geisha, GH-1, Honey, Anaerobic Fermentation New!

​□ Geisha, Natural, Carbonic Maceration New!

Geisha, GLMV-4a, Washed, Wild Yeast Maceration New!

生豆のご注文は

こちらから

 
 
Don Pachi Estate

ドン・パチ農園

Don Pachi Estate

パナマ チリキ県 ボケテ 標高1,400m

パナマに初めてゲイシャ苗を持ち込み、植えた農園として有名なドン・パチ農園。自然が美しいボケテの渓谷沿い、カジェホン・セコ地区の標高1,400~1,500mで育まれる、豊かな香りと風味のコーヒーチェリーは、いまも世界中から愛され続けています。「パナマゲイシャ」育ての親である先代フランシスコ・セラシンから受け継ぐ、現農園主フランシスコ・セラシン氏がセレクトする、アロマ香るコーヒー生豆をお届けします。

​□ Typica, Washed 2021 Coming Soon

生豆のお問合わせは

こちらから

 
kalithea_image_2_edited.jpg

カリテア農園

Kalithea Coffee Estate

パナマ チリキ県 ボルカン 標高 1,750m

ギリシア語で「山上からの美しい眺め」を意味する「カリテア」は、バル―火山の麓ボルカンの高地にある農園です。 レモンや柑橘の木が自生する熱帯林に囲まれ、ゲイシャやパカマラ、カトゥーラ種を栽培。Best of Panama 2015でカトゥーラ種がTraditional Washed部門で優勝して以来、カリテアのカトゥーラはパナマ随一の品質を誇ります。 またゲイシャコーヒーの品質も高く、 2019年BoPでは90+の高得点で上位入賞。 ボルカン高地の大自然を思わせる豊かな香りと、極上の風味により、近年パナマで最も注目されている農園の一つです。

​□ Geisha, Natural New!

​□ Caturra, Washed  New!

Caturra, Honey  New!

Pacamara, Natural  New!

生豆のご注文は

こちらから

Dos Jefes

ドス・ヘフェス農園

Finca Dos Jefes

パナマ チリキ県 ボケテ 標高1,400m

ボケテの美しい自然の中にある7エイカーほどの小さな農園。「カフェ・デ・ラ・ルナ(月のコーヒー)」と名付けられたコーヒー豆は、徹底した自然農法にこだわり、月の運行を利用した古代農法も取り入れて栽培されています。ゲイシャコーヒーを誰にでも楽しんでほしい、という農園主の願いを込めた「エガリタリアン・ゲシャ」はじめ、竹製アフリカンベッドの上でゆっくりと熟成された、極上の香りと豊かなボディのベストバランスが楽しめる、パナマコーヒーの逸品です。

​□ Arabica Blend, 2021 New!

生豆のご注文は

こちらから

 
MENU
brisa.JPG
 

パナマコーヒー各種、卸販売は

​お気軽にお問合わせください。

お問い合わせ

送信ありがとうございました

  • BRISA&TIERRA @Amazon.co.jp

amazonでも生豆を

ご購入いただけます