La Huella

ラ・ウエリア

農園主ペドロ・モスが自ら造園した精製場のアフリカンベッドにコーヒーチェリーを寝かせ、昼夜問わずプロセスを手掛けています。
また自然環境への配慮から、大量の水を使わずに済むよう、独自の発酵技術を研究し活用しています。とくにハニープロセスにおけるこだわりと出来栄えは、周囲に「世界一」といわれるほどです。
Huellaはスペイン語で「指紋」の意味。文字を使用しないインディヘナの収穫者たちとやり取りする際、サインではなく指印を使用することから、そのままブランドマークに採用しました。
一つひとつ熟練した収穫者の手で摘み取られ、最後まで人の手によって丁寧に仕上げられた、品質の保証でもあります。
そんな彼のこだわりは、2019年「食のオスカー賞」ともいわれる英国Great Taste Awardで、Golden Folk賞を受賞、つづく2020年も、5品種の焙煎豆が受賞するという快挙を遂げました。

​パナマの自然と人が生んだ、まったく新しいコーヒー体験をぜひ一度お試しください。

La Huella
Lamastus Family Estate

Coffee Producers

パナマコーヒー農園の紹介と

​生豆のラインナップはこちら

Extreme_Lots_Box.jpg

Storehouse

パナマコーヒーを提供される
​方々のための専用生豆ストア