Janson Coffee Farm

ジャンソン

1941年、スウェーデン出身のカール・ジャンソンによって創設されたパナマきっての名門農園で、バルー火山の麓、ボルカン地域の1,350~1,700mの標高に位置しています。

完璧なまでの調和とバランスを目指すジャンソン農園では、コーヒーを育てる土壌の養分から、区画ごとに隣接する天然の森の生態系に至るまで、人の目と手による徹底した管理を行い、また400枚ものソーラーパネルを使用した自家発電の利用や、森林の再生によって水源を保護、活用するなど、自然環境を守り、維持することを使命としたコーヒーづくりをしています。

ジャンソンファミリーの確固とした理念と技術によって作り出されるコーヒーは、最高品質のチェリーのみがもつ風格と、クリスタルで奥行きのある芳醇なアロマによって、数あるパナマのスペシャルティコーヒーの中でも「別格」と評されています。

Janson Coffee Farm