Garrido's Coffee & Estates

ガリード

ガリード・ファミリーは、20世紀前半からパナマ・ボケテ地区でコーヒー農園の経営をはじめ、現在所有する4つの農園のうち、「ママ・カタ(MAMA CATA)」は、標高1,500~1,750mに位置する50ヘクタールほどの農園で、カトゥーラ、カトゥアイ、ゲイシャ等様々な品種を栽培しています。2020年ベスト・オブ・パナマのトラディショナル部門で、「MAMA CATA MOKKITA」が91ptというトラディショナル品種では空前のハイスコアで優勝し、さらに2021年ベスト・オブ・パナマでも、同じMAMA CATA MOKKITAが92ptの「ダントツ」スコアで優勝、そのブランドと知名度を不動のものにしました。

Garrido's Coffee & Estates
Lamastus Family Estate

Coffee Producers

パナマコーヒー農園の紹介と

​生豆のラインナップはこちら

Extreme_Lots_Box.jpg

Storehouse

パナマコーヒーを提供される
​方々のための専用生豆ストア