Finca Bernardina

ベルナルディナ

レナシミエント地区、アミスタード国立公園内、サンタ・クララにある農園は、山々に囲まれ、天然の樹木と多様な動物たちが生息する地域に位置しています。土地の4分の一は手つかずの原生林が保存され、わずか2ヘクタールの土地に、果樹やその他の木々と一緒に、カトゥーラ、カトゥアイ、マラゴジッペなどのコーヒーノキが栽培されています。人の手によって土壌を管理し、自然樹の「日陰」を利用して、ゆっくりと丁寧に育ったチェリーの一つ一つは、芳醇なフレーバーとアロマを放ちます。
「ベルナルディナ」は、1960年代にこの土地でコーヒー栽培を始めた、現農園主フェリックス・アギラルの祖母の名前で、三代にわたってコーヒーづくりが引き継がれています。コーヒーを生産するだけではなく、周囲の原生林を維持するために、動植物の保護にも力を入れ、同時に、生活に欠かせない水資源を確保することにも貢献しています。

Finca Bernardina
Lamastus Family Estate

Coffee Producers

パナマコーヒー農園の紹介と

​生豆のラインナップはこちら

Extreme_Lots_Box.jpg

Storehouse

パナマコーヒーを提供される
​方々のための専用生豆ストア