那須との出会い

最終更新: 1月24日

エチオピアは、コーヒーの発祥地なんだそうです。

モカ、はイエメンの港の名前。

エチオピアで作られたコーヒー豆を、この港から出荷していたので、その豆もモカと呼ばれたそうです。

さらに「カフェ」は、エチオピアの、カファという地区の名前が語源だそう。

すべてのコーヒーの先祖となる、原木がこのカファの森にあるそうです。

数年前、ある日本人の若者が、導かれるようにして、この地を訪れました。

その木から、何かを託されたのでしょうか。

彼はその土地のコーヒー豆精製所(ウォッシングステーションといいます)をシラミつぶしにまわって、直談判をし、コーヒー生豆を輸入することになりました。

ただ輸入するだけではありません。

その中から最上級グレード(G1と呼ばれます)のみを選別する、という、それまでそこになかった工程を、作り上げました。

地元の人たちから、よほどの信頼を得ない限り、できないことです。

そして、選別を重ねた豆だけを商品化し、彼自身によるオリジン豆として、ブランドを立ち上げることになりました。

ガルテンビG1、と名付けられます。

ここまでやった人、日本人で初めてだそうです。

彼の名前は、柴田さん。


当時23歳。

柴田さんは、輸入を思い立った時に、コーヒーをイチから勉強したそうです。

全国のカフェも、ネットで調べまくりました。

その中で、とくに興味を惹く店が見つかりました。

栃木県の那須というところ。

しかも、人里離れた、車で行くのもやっと、という、奥の細道のさらに奥に、ひっそりと佇むカフェ。

なのに、お客さんがひっきりなしに訪れ、遠くからわざわざコーヒーを飲みにやって来る。

店主は、SCA(米スペシャルティコーヒー協会)が認定する、国際バリスタの資格を持つ方です。

日本に当時、十数人しかいないとのこと。


柴田さんは、彼のスタイルである「アポなし、飛び込み」で、わざわざ大阪から、その「山奥の」カフェを訪ねました。

その後、那須で初めてのコーヒーイベントが開催されました。

タイトルは「エクストリームコーヒー」。


柴田さんがメインゲストで、そのカフェのオーナーとのトークショーが、イベントの目玉です。

地元のカフェ、ロースターの方々が集まり、県外からも、たくさんの人たちが来場しました。

柴田さんが撮影した、エチオピア現地の映像も上映されました。

私は初めて、エチオピアの人たちが、家庭でコーヒー豆を焙煎し、生活の一部として広く親しまれている、ということを知りました。

その「コーヒーを飲む時間」こそが、エチオピアの最高の文化であり、この「文化」を、世界に広めたい。

これが、柴田さんの、大きなきっかけです。


私も、映像と、お話を聴きながら、それまで感じたことのない、自分の中で何か大きな屋根が開くような感覚がしたのを、今でも憶えています。

翌日の夜、別の場所でTEX仲村さんのライブがありました。

終了後、イベントでトークをしていたもう一人、国際バリスタ資格を持つ、カフェのオーナーと、初めて会うことになります。

☆ガルテンビのサイト

https://www.galitebe.com/

0回の閲覧

©2020 by BRISA & TIERRA