コーヒータウンとの出会い




日本の話です。

私は長いこと、コーヒーの町、といえば、名古屋を連想していました。

15年くらい前、兄が仕事で住んでいたこともあり、名古屋にはよく行ったものです。

とにかく喫茶店が多く、日常で、何杯もコーヒーを飲みに行く、という習慣があることに驚きました。

モーニングやランチのメニューが、なかなか特別で、ちょっとびっくりするような組み合わせがあるのは有名ですね。

実際、コーヒーはおいしかったです。

生活に根ざす度合いから、やはりコーヒー・リテラシーが高いのでしょう。



栃木県の北、那須高原のふもとに、大田原というところがあります。

そこで毎年、コーヒーフェスが開かれているそうです。

ふと、置いてあったチラシを手にして、初めて知りました。


デザインがおしゃれで、とっておきたくなるようなパンフレットでした。

周辺地域を含め、結構な数のカフェやロースターの皆さんが出店しています。

けっして大きくはない街のエリアに、これぼどの数のカフェがあるのですね。

チラシには、カフェやグルメスポットのマップが載っていて、ゆっくりカフェ巡りもできそうです。

街に住む人たちは、仕事前や、休日、サイクリングなんかしながら、カフェに立ち寄り、おいしいコーヒーを楽しむ。

つい、そんな素敵なライフスタイルを想像してしまいます。

まさにコーヒーの街、カフェタウンですね。



先程から「カフェ」、と書きましたが、それは、一昔前のいわゆる「喫茶店」とは印象が異なります。

少なくとも私にとっては。

でも、「コーヒーを飲みたくて」来店する人にとって、その違いはあまり関係ありません。

コーヒーが飲みたい。コーヒー飲もう。

お店が新しく、いまどきな雰囲気でも、昭和の喫茶店風でも、チェーン店、はたまたコンビニであっても、飲み「もの」は同じです。


同じコーヒーチェリーの実から作られる、コーヒーですから。



でも、私たちは、同じコーヒーでも、いろいろな生産国と、それぞれの香り、風味の違い、作り方の違い、をカフェの人から教えてもらうようになります。


コーヒー豆がどこから来たのか。


どこで栽培され、だれが収穫し、どのように加工されたのか。


カップを手にして、おいしい、と感じるその香りと味に、そのコーヒー豆が辿ってきたストーリーがある。


そこにかかわる、数えきれない、人のストーリーも。



それまで漠然と耳にしていた、「サードウェーブ」という言葉の背景を、私は知ることになります。




大田原から少し山のほうに上がると、那須高原が広がっています。



その那須にも、最近カフェが増え、遠くからコーヒー好きが集まってくる、ということを知りました。


15回の閲覧

©2020 by BRISA & TIERRA